各家庭や車に合ったものを|赤ちゃんを乾燥から守る|お肌の大敵をシャットアウト

赤ちゃんを乾燥から守る|お肌の大敵をシャットアウト

レディ
このエントリーをはてなブックマークに追加

各家庭や車に合ったものを

乳児

夫婦で話し合いましょう

チャイルドシートは、パパとママどちらでも取り付け・取り外し出来るようにしておくことが大切です。子供の乗せ降ろしも、慣れないとベルトやバックルの締め方に手間取ったりするので、2人とも出来るようにきちんと練習しましょう。たとえ所有する車が1台だったり、運転するのがどちらか1人だったとしても、チャイルドシートを使用する数年間で突発的な事態が起こる可能性があるからです。車が急に故障してすぐチャイルドシートを外さなくてはならなくなった、急におじいちゃんおばあちゃんの車に乗せることになった、という場合もあります。そういった時にどちらか1人しか出来ないようでは、自分達が困ることになります。一般的に車に詳しいのは男性の方なので、パパが率先してチャイルドシートの種類や特徴を調べてくれるのはママにとって大変ありがたいことです。その時は、ぜひ女性でもわかりやすく使いやすいものを選んであげて下さい。

様々なタイプと取り付け方

チャイルドシートは大きく3種類あります。ざっくり年齢別に0〜1歳用・0〜4歳用・0〜7歳用です。どうせなら7歳まで長く使える方が良いに決まってるじゃないかと思いがちですが、実はそうでもありません。0〜1歳用は、1年しか使えませんが新生児のことをとても良く考えて作られてるので、メリットがいっぱいあります。籠のようになっていて、その籠ごと降ろして赤ちゃんを移動させることができるタイプがあります。寝てる子を起こさずに済むので、これはとても助かります。ボタン1つで360度回転するタイプがあり、これも便利です。ただし重いので取り付けが大変なことと、車内が広くないと無理というのが欠点です。大きめの車1台だけを所有してるという家庭には向いています。取り付け方はタイプによって違います。シートベルトを通すもの・はめ込むものなど色々ありますので、よく説明書を読みできれば店員さんにも教えてもらいましょう。お店の人は簡単にやってるように見えても、いざ自分でやると意外と難しいこともあります。緩みのないように設置するには力やコツが必要なので、練習しておきましょう。